採用:SATTが帳票生成サーバ基盤にウイングアークの「SVF」採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:SATTが帳票生成サーバ基盤にウイングアークの「SVF」採用


掲載日:2010/05/07


News

 ウイングアークテクノロジーズ株式会社は、駿台グループでeラーニング教材やIT教育コンテンツなどを展開するエスエイティーティー株式会社(SATT)が、メインフレームのオープン化にともない、帳票生成サーバの基盤に帳票開発ツール「SVFX-Designer」と「SVF for Java Print」を採用したと、発表した。

 SATTの基幹システムはCOBOLをベースに開発されており、デザインの変更など帳票を修正するためにはCOBOL技術者が都度プログラムを変更しなければならず、変更のたびに大きな作業負荷がかかっていた。また、帳票にグラフを作成する作業については、メインフレーム用のグラフ作成ツールを使用し、数百ステップに及ぶコーディングが必要だったほか、COBOL技術者の不足という課題を抱えていた。

 そのため同社では、2008年初めよりメインフレームのオープン化プロジェクトを開始した。帳票生成サーバの基盤には、“グラフィカルな表現力”と“修正に柔軟に対応できる開発生産性”、“パフォーマンス”を評価して「SVFX-Designer」/「SVF for Java Print」を採用した。新帳票プリントシステムでは、基幹システムから出力されていた約2000種類の帳票のうち、グラフィカルな描画や表現力が求められる成績表などのグラフ帳票を対象とする25種類の帳票を、「SVFX-Designer」で開発し、運用している。

 「SVF」の導入により、プログラムとデザインを切り分けて運用可能となったことで、作業分担を簡易化でき、業務の迅速化が可能となった。またグラフに加え、バーコードなども値を設定することで容易に生成できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ウイングアーク テクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「帳票管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「帳票管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「帳票管理システム」関連の製品

e-文書法対応でコスト削減と効率化、働き方改革を実現する方法 【PFU】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 帳票電子活用ソリューション SVF PDF Archiver 【ウイングアーク1st】 e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? 【PFU】 帳票管理ソリューション XC-Gate 【ソフトバンク コマース&サービス】
帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム 帳票管理システム
業務書類の電子保存を認めるe-文書法。改正で導入メリットは増えたが、対応へのハードルが高いと感じる企業が多いようだ。e-文書法対応の実例と法対応の要点を識者に聞く。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 帳票の安全で効率的な保管・管理する帳票電子活用ソリューション。電子帳票ツールやドキュメント管理ツールでは対応が難しいPDF帳票の管理と検索ニーズに対応。 e-文書法対応で業務を効率化、「紙ベースの作業」から脱却する方法とは? Excelシートをタブレット端末で閲覧・入力できるようにする報告書・チェックシート作成効率化ツール。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029613


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 帳票管理システム > 帳票管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ