事例:神戸大学がブロケード製品でネットワークを仮想的に統合

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:神戸大学がブロケード製品でネットワークを仮想的に統合


掲載日:2010/05/07


News

 ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社は、神戸大学がブロケードのネットワーク仮想化ソリューションを採用し、キャンパス・ネットワークの大規模な再構築を実施したと、発表した。

 神戸大学では、2001年に高速ギガビット・イーサネット環境を構築したが、情報系/事務系/図書館系など異なるサービスごとに複数のネットワークが分散して存在していた。ネットワークの拡張やトラフィックの増加を受け、物理的なケーブリングの複雑化や、各ネットワークのセキュリティ・レベルの違いによる管理の煩雑化といった様々な弊害が生じていた。このため、既存の資産や環境を生かしながら問題を解決するソリューションが検討された。管理やセキュリティの様々な要件を満たしながら、将来の拡張も容易にできるVRF(Virtual Routing Forwarding:仮想ルーティング/転送)機能の採用が決定され、入札プロセスを経て、ブロケードのネットワーク機器が採用された。

 コア・スイッチが2台、基幹スイッチが10台導入された。コア・スイッチは1台が10Gbpsリンク、もう1台が1Gbpsリンクという2重化構成を取り、OSPF(Open Shortest Path First)によりリンクを使い分けている。従来は、コア・スイッチの傘下に各基幹スイッチが接続され、各基幹スイッチに情報系/事務系/図書館系などのサービスを提供するネットワークがそれぞれ接続されていた。今回の再構築ではVRF機能を利用して1台の基幹スイッチで既存環境を維持しながら各サービスを仮想的に収容統合し、エッジレベルのポート数を減らすことでデバイス数を最大50%削減できた。更に、セキュリティ・レベルを維持しながら、運用・保守・管理効率を向上し、消費電力も半減した。また、VRF機能を新環境へスムースに移行するための環境としても活用し、従来は数日を要したネットワークの運用停止時間が10分以下に短縮された。

 ハードウェア・ベースで負荷分散を行なうアプリケーション・デリバリ・コントローラも導入し、トラフィックの増加とセキュリティ要件への対応を強化した。また、同社のスイッチが提供するsFlowトラフィック監視技術も採用した。ボトルネックの把握や、輻輳のリアルタイム管理、権限外ネットワークアクセスの検知、トレンド/容量分析といった様々な機能によりネットワーク全体を可視化でき、ネットワークの信頼性と可用性が向上した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークスイッチ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワークスイッチ」関連の製品

“総仮想化時代”に適した「次世代ネットワークアーキテクチャ」の具体像 【ジュニパーネットワークス】 ギガビットレイヤー2スイッチ AX2100Sシリーズ(AX2130SS) 【アラクサラネットワークス】 TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 インフラ運用自動化に不可欠な「可視化」、その具体策とは? 【ジュニパーネットワークス】 ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
仮想環境に適したネットワークの構築や運用を進めたいと考えている企業およびネットワークエンジニア。 強固なセキュリティ、コンパクト・環境負荷設計、PoE対応などの特長を持ち、8年の無償サポートで安心して使い続けられるギガビットL2スイッチ。 脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 複雑化するインフラの運用負荷を劇的に軽減するには、自動化を押し進める以外に有力な道はない。その歩を進める前に、どうしても着手しなければならないことがある。 サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029603


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ