提携:東芝ソリューション、「desknet’s」の最上位製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:東芝ソリューション、「desknet’s」の最上位製品を発売


掲載日:2010/05/07


News

 東芝ソリューション株式会社は、株式会社ネオジャパンが開発したグループウェア「desknet’s」の最上位エディション「desknet’s Enterprise Group Company Edition」(desknet’s GE)を、発売する。価格は、1500万円(基本ライセンス、無制限ライセンス)で、年間サポート費用が定価の18%となっている。

 「desknet’s GE」は、複数の関連企業や子会社を持つ企業を対象としたグループウェア。数千〜数万人規模の企業向けの従来製品「desknet’s Enterprise Edition(desknet’s EE)」を、複数の企業で構成されるグループ会社において、個々の会社や組織で導入したいといったニーズに対応するため、1つのシステムに複数式の「desknet’s EE」を構築し、別々に利用可能としている。

 1つの製品で複数会社を管理でき、全社一括で製品を導入することで、関連企業や子会社などのグループ企業に対して管理を効率化できるほか、標準機能の範囲で登録会社ごとに独立した環境を構築できる。また、運用形態に応じて複数社で分散管理を行なうこともできる。

 今後「desknet’s GE」は、東芝ソリューションが案件に応じてコンサルテーション・販売を実施し、ネオジャパンが開発を担当する協業体制を構築する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】 複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
度重なる組織変更でもOffice 365 をスムーズに導入できる秘密 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 「Office 365」で何が変わる?クラウド化したアプリのメリット 複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029601


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ