日本HP、Itanium 9300番台搭載「HP Integrityサーバー」等を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Itanium 9300番台搭載「HP Integrityサーバー」等を出荷


掲載日:2010/04/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ミッションクリティカル・システム「HP Integrityサーバー」のラインアップを一新し、Itaniumプロセッサ9300番台を搭載した新製品5機種を、5月上旬より順次出荷する。

 今回出荷されるのは、ハイエンドの「HP Integrity Superdome 2」、ブレード型サーバ「HP Integrity BL890c/BL870c/BL860c i2」3機種と、高さ2u(約8.9cm)のラックマウント型サーバ「HP Integrity rx2800 i2」の計5機種。いずれも、信頼性に加え、I/Oの仮想化、消費電力の削減、統合された管理機能、柔軟な拡張性を備えている。ミッションクリティカル・システムに対するニーズに対応できる上、信頼性を維持しながら共通基盤への集約と全体最適化を図れる。更に、クラウド・コンピューティングの基盤にも適しており、信頼性/安定性を備えた“ミッションクリティカル・クラウド”を構築できる。

 「Superdome 2」は、64プロセッサ256コアまで拡張できる。信頼性を更に向上しながら、迅速/柔軟なシステム変更を行なえる。従来製品比450%相当の筺体レベルの信頼性向上を目標に設計されているほか、複数のサーバを1台に統合することで、消費電力を最大65%削減できる。また、HPクロスバーファブリック、HPバーチャルコネクトを併用することで、数分でシステムの配備、変更を行なえる。

 「HP Integrity BL890c/BL870c/BL860c i2」は、HP BladeSystemのエンクロージャー「c7000/c3000」に挿入できる。「BL890c i2」は拡張性に優れ、Itanium 9300番台を最大8基(32コア)のプロセッサを搭載できる。「BL870c i2」は最大4基(16コア)、「BL860c i2」は最大2基(8コア)搭載できる。また、今後発売されるアップグレード・キットにより、「BL860c i2」は「BL870c i2」に、「BL 870c i2」は「BL 890c i2」にスケールアップできるように設計されている。

 「HP Integrity rx2800 i2」は、Itanium 9300番台を最大2基(8コア)搭載で、支店・部門クラスの小規模なUNIXシステムでの利用や、古いシステムをHP-UXの仮想化機能“HP Integrity Virtual Machines(Integrity VM)”で統合する場合のプラットフォームに適している。

 また同社は、「HP Integrity Quick Value」シリーズで、「HP Integrity BL860c i2 QV」を、5月上旬より出荷する。HPの推奨構成にしたことで、通常の定価より約55%廉価を実現している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029559


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ