SCSと日本技芸、Googleカレンダー拡張サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSと日本技芸、Googleカレンダー拡張サービスを提供


掲載日:2010/04/27


News

 住商情報システム株式会社(SCS)と株式会社日本技芸は、Google Apps Premier Edition(以下Google Apps)の主要機能の1つであるGoogleカレンダーの拡張サービスを共同開発し、提供を開始した。SCSは自社のクラウドサービスブランド「SCS CLIP」シリーズとして、日本技芸はクラウドオフィスツールブランド「rakumo」シリーズの第1弾サービスとして提供する。

 今回提供が開始されたGoogleカレンダー拡張サービスでは、Googleカレンダーを日本企業の組織体系に適した形に再デザインしており、組織体系と連携した個人/グループ(部署)単位でスケジュールを容易に閲覧可能とする。また、ユーザ企業の営業時間に合わせたスケジュール表示や、設備/会議室と組織グループを分けた表示機能などのUI設計により、使いやすいサービスを提供する。

 PaaS(Platform as a Service)型プラットフォーム「Google App Engine」上でサービスが提供されるため、廉価に利用でき、SaaS(Software as a Service)形式でのサービス提供により導入/保守管理などユーザ企業における情報システム担当者の作業負担を軽減する。追加費用不要でクラウド側での継続的なサービスアップデートが実施されるほか、Ajaxによる軽快な操作感が提供される。なお価格は、1アカウントあたり月額105円(税込、Google Apps Premier Editionライセンス料は除く)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029516


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ