ウィザードシステム研究所、生産スケジューラに新機能などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウィザードシステム研究所、生産スケジューラに新機能などを追加


掲載日:2010/04/26


News

 ウィザードシステム研究所は、APS/生産スケジューラの新バージョン「PlanWizard 2010 Ver1.0」を、4月28日よりリリースする。

 今回の新バージョンでは、生産途中のオーダーの分岐・合流を指定できる“オーダー分岐・合流機能”や、テーブルからスケジューリング結果の割付順序を変更できる“差立てテーブル”など、110項目の様々な新機能の追加・改良が行なわれている。

 “オーダー分岐・合流機能”では、オーダーごとに任意の数量を指定して分岐できるため、生産の途中で中断し、完成分のみを後工程に流すなどの場合に対応できる。また、複数のオーダーを合流させることも可能で、分岐と合わせて使用することで、途中工程のみ分岐し、最終工程で合流するような割付けも行なえる。

 “差立てテーブル”では、容易にスケジューリングの割付順序を変更できる。一覧で表示されるため、ガントチャート上では確認しづらい細かい作業も確認できる。表示の括り単位は、日/週/月ごとなどに加え、任意のシフトを選択でき、計画修正期間や工場のシフト体制に合わせて確認できる。また、ドラッグやボタン操作で複数のオーダーを容易に移動できるほか、ボタン操作で納期情報や仕様条件などの条件で昇順/降順にソートできる。任意のルールを指定して、より複雑なソートを行なうこともできる。なお、“差立てテーブル”に表示させる項目の数や内容はカスタマイズでき、“差立てテーブル”からの実績登録も行なえる。テーブルの各情報は、直接Excelに出力できる。

 エントリーシートインターフェース機能が強化され、複数のエントリーシート上から追加・変更・削除を行なえ、同一のマスタを複数人で管理できる。また、従来、複数に分けて入力する必要があったシートを、1枚のシートで行なえるほか、登録用のシートを自動で作成できる。

 帳票カスタマイズ・帳票HTML化機能では、各種帳票レイアウトを複数作成できるようになった。また、ガントチャート上で選択したバーの情報を確認できる情報ビューが追加された。ガントチャートや“差立てテーブル”で操作した内容を、“元に戻す(アンドゥ)”ことができるようになった。フィールド内の特定の文字に対する部分置換や、連番付番が可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 レノボとSAPによる工場のサプライチェーンシステム刷新事例 【レノボ・ジャパン株式会社】 在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM SCM SCM
多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 11時間の計算がわずか8分に コストも業務も激変させたサプライチェーン事例 多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029506


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ