SKNET、HDMI搭載のH.264対応フルHDハードウェアエンコーダを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SKNET、HDMI搭載のH.264対応フルHDハードウェアエンコーダを発売


掲載日:2010/04/22


News

 エスケイネット株式会社(SKNET)は、1080p対応のH.264フルHDハードウェアリアルタイムエンコーダ「MonsterHD 264」を、4月下旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「MonsterHD 264」は、H.264ハードウェアエンコードチップを搭載したフルHD対応のUSB接続ビデオキャプチャーユニット。1080pに対応したHDMI端子に加え、コンポーネント、Sビデオ、コンポジットとアナログ3系統入力も搭載しており、これまでに録りためた様々なアナログ映像資産を取り込んで、H.264形式で高画質に保存できる。OSは、Windows XPからWindows 7 64ビットまでに対応しており、USBバスパワー対応なので様々な環境で利用できる。

 MBAFFを含むH.264ハイプロファイルをサポートしている。更に、空間フィルタ、エッジ保存ノイズ抑制フィルタ、モーション適応型時間フィルタなど高画質を実現する機能を備えたH.264ハードウェアエンコーダーを搭載している。また、ビットレートやGOP、AGC、各種色設定などを詳細に設定できるオプションも用意されている。iPod、iPhone用のエンコードプリセットプロファイルが用意されており、選択することで対応したH.264ファイルを作成できる。

 従来の「Monster」シリーズからUIが一新されており、更に分かりやすくスタイリシュになり、取り込み作業をスムーズに行なえる。また、プレビューウィンドウ上部にカーソルを移動すると自動的にコントロールボタンが表示される“ポップアップコントロール”機能を搭載している。

 接続された機器からの映像信号を検知し、自動で録画をスタートする“自動検知録画機能”を搭載しており、接続された機器の電源がオンになった時の録画開始や、チューナーの録画機能に連動させた録画の開始・終了を行なえる。また、業務用途のユーザを想定し、MPEG2-TSからMP4(H.264)へのトランスコードに、5月下旬アプリケーションアップデートで対応予定になっている(暗号化ファイルには非対応)。

 法人、業務用途向けに、SDK開発キットが5月下旬より提供開始予定で、H.264ネットワーク配信システムなど、「MonsterHD 264」を利用したアプリケーションやシステムの開発を容易に行なえる。


出荷日・発売日 2010年4月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他WEB構築関連」関連の製品

Liferay Portal 【イージフ】
その他WEB構築関連
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029475


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ