イントラマート、柔軟な稟議ワークフロー機能を備えた製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イントラマート、柔軟な稟議ワークフロー機能を備えた製品を発表


掲載日:2010/04/20


News

 株式会社NTTデータ イントラマートは、柔軟な稟議ワークフロー機能を実現した「intra-mart WebPlatform Version7.2」を、4月末日よりリリースする。

 「Version7.2」では、ワークフロー機能の強化・改良を中心に、BPM機能と内部統制機能も強化されている。“IM-ワークフロー”では、特に“稟議系”と呼ばれる非定型でワークフロールートの変更が逐次要求されるフロー領域をカバーする。申請者または承認者が実行中の案件であってもルートを任意に編集可能とする柔軟なルート構造が提供される。編集可能な領域と、変更できない領域を定義することで、内部統制にも対応する“稟議型”ワークフローを実現できる。また、Ver7での上位のBPM機能にも対応し、更にはこのBPMをベースにした次世代ERP「Biz∫」への提供も開始している。

 運用権限を譲渡して管理者を複数配置できる構造とし、権限をグループで管理するなど、グループ会社でのシェアード(共同)利用や、部門単位での運用を行ない、全社・全グループ規模でのワークフロー基盤として活用できる。また、申請コンテンツとルートをN:Nで結びつけることができ、勤怠申請と旅費申請は同一のルートを利用するなど、コンテンツやルートの再利用ができる。また、コンテンツやルートは期日によるバージョン管理が可能で、申請基準日によりそれぞれのバージョンが参照されるため、組織改変時のシステム変更を自動化できる。

 操作画面は簡素な表現を用い、Ajaxを活用したインターフェースが用意されている。ルート定義画面もグリッド上にドラッグ&ドロップ形式で実施できる。また、大量データでも十分なレスポンスを確保するために、申請承認が完了した一定期間経過後のデータを年月単位に分割して待避する仕組みが標準で提供される。

 BPM機能の強化では、「Intalio BPM6.0.3」に対応した。ダイアグラム図の簡略化やプロセステンプレートを設定し、よく利用する業務プロセスの再利用性を高めたことで、理解しやすさ/使いやすさの向上を図っている。

 内部統制機能の強化では、「intra-mart」のマスタ情報に対して、更新処理(登録/更新/削除)が行なわれた場合のログ情報を記録できるようになった。あらかじめ定められたプロセスに従い、管理者オペレーションの操作を証明できる。また、ユーザの操作ログも、APIやDBアクセスレベルで記録され、トレースが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「NTTデータ イントラマート」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】 基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。 基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 デジタル変革のスタートは“紙に依存したプロセス”の脱却から

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029423


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ