レッドハット、SOAプラットフォームの新版と統合開発環境を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッドハット、SOAプラットフォームの新版と統合開発環境を提供


掲載日:2010/04/16


News

 レッドハット株式会社は、クラウドサービスとの連携を強化したSOA(サービス指向アーキテクチャ)プラットフォームの新版「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」の提供を、開始した。また、Eclipse 3.5をベースに「JBoss Enterprise」製品を利用するためのプラグインユーティリティが組み込まれた統合開発環境「JBoss Developer Studio 3.0」も、同時に提供する。

 「JBoss Enterprise SOA Platform」は、「JBoss Enterprise Application Platform」のアーキテクチャ上に、エンタープライズサービスバス(ESB)とワークフロー実行基盤(BPM)、ビジネスルール実行基盤(Rule)を統合した単一のソリューションとして提供される。今回の新版では、インターネット上に提供される各種クラウドサービスと容易に連携可能とする機能など、サービス連携を容易にするための各種機能が強化された。

 UDDI v3に準拠したレジストリ機能が追加され、サービスの登録や、サービス問い合わせ、サービスのセキュリティ管理を新しい管理コンソールから容易に操作可能となった。また新しく追加された管理コンソールでは、サービスの利用率、JMSや各種データソースのアクセス状況を確認できる。更に「JBoss Operations Network for SOA Platform」の追加コンポーネントを利用することで、完全なサービスモニタリングや運用監視を実現可能となる。ルール機能では、「JBoss Enterprise BRMS 5.0」と連携可能となり、ビジネスルールの開発/可視化/運用管理をビジネスユーザからも容易に行なうことができる。

 「JBoss Developer Studio 3.0」には、「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」で各種サービス統合を容易に可能とするプラグインユーティリティが提供されている。サービス定義のためのウィザード、データ変換のマッピングツール、BPM/ワークフローの定義とデプロイツール、ビジネスルール定義ツールなど様々なプラグインが提供されており、サービス統合に関わる開発生産性の向上を可能とする。

 なお「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」はオープンソースソフトウェアとして提供され、テクニカルサポートや製品アップグレードなどを含むサブスクリプションが4CPUあたり年額263万8000円から、「JBoss Developer Studio 3.0」が1サブスクリプションあたり2万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SOA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SOA」関連情報をランダムに表示しています。

「SOA」関連の製品

Enterprise Imaging Platform 【キヤノンITソリューションズ】
SOA
社内で利用されている基幹系・情報系等の各種システムとMFPやスキャナなどのイメージデバイスを連携し、複雑な業務プロセスを効率化するSOAベースの開発プラットフォーム。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029395


IT・IT製品TOP > 情報システム > SOA > SOAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ