コンピュータダイナミックス、仮想化により柔軟なRAID装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンピュータダイナミックス、仮想化により柔軟なRAID装置を発売


掲載日:2010/04/14


News

 コンピュータ ダイナミックス株式会社は、異なった容量のドライブでRAIDを組んで容量を無駄なく使用できるストレージ仮想化テクノロジ“BeyondRAID”を搭載し、自己管理と自己回復を自動的に行なうストレージアレイ装置「DroboElite」/「DroboPro」を、発売した。

 「DroboElite」はiSCSIを2ポート、「DroboPro」はiSCSIとFireWire800を各1ポート備えている(いずれも管理用にUSB2を1ポート備えている)。8台までドライブを追加でき、16TBまで即時拡張できる。容量拡張時は、単に新しいドライブを挿入するか、既に全部のドライブベイが一杯の時でも最小容量ドライブをより大きなものに取り替えることで行なえる。異なった容量/製造元/速度のドライブが混在しても容量を無駄にせずRAIDが組まれる。拡張は自動的/即座に行なわれ、データへ常にアクセスし続けられる。

 デュアルドライブ冗長性オプションをオンにすれば、最大2台までドライブが同時故障してもデータを保護できる。これはデータアクセス中でもクリック操作で行なえ、またクリック操作でシングルドライブ冗長性に戻せる。再フォーマットやデータ退避は不要となっている。

 数秒で新しいボリュームを作成でき、255個までのボリュームを管理できる。“Smart Volume”機能により、物理ドライブを個別に割り当てずにドライブ共通プールからボリュームを割り当て、ボリュームごとの容量管理が不要となる。削除されたブロックは共通プールに戻され、ボリュームが常に効率的に使用される。

 デスクトップ上に加え、ラックマウント環境でも使用できる(ラックマウントキットは別売)。デュアルスマートファンはスピードが自動管理され、冷却効果向上と動作時騒音低減が図られている。また、VMware環境での動作が保証されている。

 なお価格は、いずれもSATA 2TB×2(4TB)を備えた、「DroboPro- 2x2TB」が36万円、「Drobo Elite-2x2TB」が66万6000円となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

クラウドバックアップサービス 【NEC】 クラウドでDR対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る 【ニフティ】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 クラウドでディザスタリカバリー対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029358


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ