パナソニック電工NETS、MajorFlow Keihi for勘定奉行の新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック電工NETS、MajorFlow Keihi for勘定奉行の新版発売


掲載日:2010/04/14


News

 パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社(パナソニック電工NETS)は、経費精算専用電子決裁システム「MajorFlow Keihi」シリーズのうち、株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)の会計システム「勘定奉行i」と連携する「MajorFlow Keihi for 勘定奉行」の新バージョンを、発売した。

 今回の新バージョンでは、領収書台紙のバーコード印刷機能などの機能を追加し、経理担当者の精算処理作業の負荷軽減や、導入後の業務効率性の向上を図っている。領収書台紙に申請書へ紐付くバーコードを自動生成でき、バーコードを読み込むことで領収書に該当する申請書を迅速に確認できる。これにより、金額の確認作業が必要な申請書を即時に抽出できるため、経理担当者の作業の効率化を可能とする。バーコードの規格は、幅広く利用されているNW-7(CODABAR)のため、一般的なバーコードリーダで読み込むことができる。

 また、拠点ごとの経費精算処理に対応し、担当者が「MajorFlow Keihi」にログインした時点で拠点ごとに絞り込まれた伝票のみ表示され、支払処理や計上処理を行なうことができる。「勘定奉行i[個別原価管理編]」との連携も可能となり、プロジェクトごとの経費を「MajorFow Keihi」から「勘定奉行i[個別原価管理編]」に渡すことができるため、効率的にプロジェクト状況の透明化を促し、管理性の向上を図ることができる。このほか、Windows Server 2008やSQL Server 2008、Internet Explorer 8といったプラットフォームに対応した。


出荷日・発売日 2010年4月12日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 iPad用POSレジアプリ 「Ubiregi(ユビレジ)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 kintone 旅費交通費精算 with 乗換案内Biz 【ソフトバンク コマース&サービス】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 ProPlus for C-x 【プロシップ】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 iPad発売後すぐにサービス提供を開始。全世界2万店舗以上で利用されているiPad用POSレジアプリ。簡単で使いやすく「何が」「いつ」「誰に」売れたのかを自動で記録できる。 kintoneと連携して出張申請・精算、交通費精算を行うアプリケーションパッケージ。交通費精算にまつわる面倒を解消する。 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 事例:管理の方法もルールもバラバラ……固定資産管理、統合の舞台裏に迫る

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029353


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ