日本HP、コンパクトなWS発売、上位モデルにXeon 5600番台を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、コンパクトなWS発売、上位モデルにXeon 5600番台を追加


掲載日:2010/04/09


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ミニタワー型従来モデルに比べ約3分の1の容積を達成した、省スペース型ワークステーション(WS)「HP Z200 SFF Workstation」を、4月15日より発売する。

 「Z200 SFF」は、幅100mm×奥行き381mm×高さ338mmと従来モデル比約3分の1のコンパクトな筐体のエントリーモデル。ミニタワー型WS「Z200」と同様のインテルの最新アーキテクチャを採用しており、「Z200 SFF」ではNVIDIA Quadro FX380LPやATI Fire Proといった、プロフェッショナル用途のグラフィックスカードを選択でき、医療機関、教育機関、小規模オフィスなど、設置スペースが限定された環境や信頼性や処理速度を求める一般ビジネス用途にも対応できる。

 搭載プロセッサは、クアッドコアのXeon 3400シリーズ、デュアルコアプロセッサのCore i5/i3シリーズから、目的や予算に応じて選択でき、DDR3 ECCメモリを最大16GB搭載できる。また、低コストでビデオ会議を行なえる「HP SkyRoom」など、付加価値の高いソフトウェアを多数搭載している。

 WS開発チーム専用設計による信頼性を備えており、MCAD/CAE(設計図)、GIS(地理情報システム)、DCC(デジタルコンテンツ編集)などの主要ISV(独立系ソフトウェアベンダ)から動作確認検証を受けている。また、3年間の長期保証により、日本国内のWS専門サポートセンタによる電話受け付けと、翌日オンサイト(出張)修理が提供される。更に、医療系や流通サービスなど、休日も稼働している環境向けに、従来対象外だった土・日・祝日の修理対応を、4月下旬から標準保証内で提供する。なお、休日修理の標準保証化にともない、修理の電話受け付け時間が24時間から8時〜21時に変更される。

 また同社は、タワー型WSの上位モデル「HP Z800 Workstation」/「HP Z600 Workstation」/「HP Z400 Workstation」で、搭載可能なプロセッサにXeonプロセッサ5600番台を追加し、4月15日より順次発売する。「Z600」と「Z400」では、フロントパネルにIEEE1394ポートが追加され、対応メモリの仕様が変更される。「Z600」は従来のUnbufferedメモリに加え、Registeredメモリに対応し、最大搭載容量が48GBに、「Z400」はメモリスロット数が4本から6本に拡張され、最大搭載容量が24GBに変更された。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029298


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ