日立ソフト、ITシステム障害原因分析パッケージの機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、ITシステム障害原因分析パッケージの機能を追加


掲載日:2010/04/07


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(日立ソフト)は、システム障害の対応状況の進捗を管理する、ITシステム障害原因分析パッケージ「RevenueMax Ecsia」のログ収集の操作性向上と障害発生時の通知機能強化を図った「RevenueMax Ecsia V1.4」を、出荷した。

 「RevenueMax Ecsia」では、システム監視サーバからのイベント情報(障害発生情報)を取得し、“障害原因解析”/“障害ナレッジ検索”/“障害対応進捗管理”の各機能を連携させて過去の障害情報から障害原因を類推し、IT障害原因究明時間の短縮を図れる。今回の「RevenueMax Ecsia V1.4」では、新たに分散サーバ環境統合運用ツール「Ioperation」、総合通報管理システム「TELstaff」との連携機能が追加された。

 業務ごと、機能ごとに設置された複数のサーバへのコマンド実行を、一元管理するWebインターフェースからGUI化したメニューを選ぶことで一括操作できるパッケージ製品「Ioperation」との連携機能では、「RevenueMax Ecsia」から直接「Ioperation」の操作画面を起動し、日本語で表示されたメニューを選ぶことでコマンドを実行できる。これにより、サーバへのログイン、コマンド入力が不要になり、ログ収集などの必要な操作をスムーズに行なえ、操作ミスの防止を図れる。

 システム監視ツールや運用ツールからのアラームなどを、時間に応じた様々な通知メディアへ、伝えたい人に分かりやすく、確実に自動通知するパッケージ製品「TELstaff」との連携機能により、「RevenueMax Ecsia」側から自動的にインシデント(システム運用における障害対応の管理単位)の新規登録時や更新時などの進捗状況がメールで担当者に通知される。インシデントの情報もメールに添付して関係者に送信できるため、発生した障害に対して迅速な対応を行なえる。

 これらにより、ITシステムの障害復旧の時間短縮を図ることでITシステムの早期復旧と継続性を可能にし、ビジネスへの影響の軽減、システム運用のコストの低減を図れる。


出荷日・発売日 2010年4月6日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029277


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ