豊通シスコム、マルチベンダ対応の印刷セキュリティ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


豊通シスコム、マルチベンダ対応の印刷セキュリティ製品を発売


掲載日:2010/04/07


News

 株式会社豊通シスコムは、プリンタやデジタル複合機を利用する時に、非接触ICカードで動作を制御し、印刷環境の情報漏洩対策とコスト削減を支援するソリューションを、4月より発売する。

 今回発売されるソリューションでは、複数のプリンタメーカーと協業することで、異なるプリンタメーカーのプリンタ・複合機の全機能(プリント、コピー、FAX、スキャン)を1つの仕組みで制御可能としている。基本の「ICカード認証印刷システム」に加え、オプションとして、印刷やコピーの操作履歴を管理する「統合ログシステム」と、印刷完了まで時間がかかる大判印刷に対応した「プロッタ対応システム」が用意されている。

 「ICカード認証印刷システム」では、利用者IDの管理とICカードによる認証を可能とし、1台のサーバでユーザ数10万人まで管理・運用できる。また、マルチベンダに対応するための中間サーバが不要で、プリンタとプリンタに搭載されたICカードリーダと同システム(共通認証サーバ)が、ベンダ純正環境と同等に直接的に連携動作するため、システム構成が簡素になる。クライアント環境の設定変更も不要で、スムーズに導入できる。

 デジタル複合機では、コピー/スキャン/FAXの各機能の利用制限もマルチベンダで行なえるほか、カラー/モノクロ利用制限を各機能ごとに設定できる。また、1枚のICカードに複数のログインIDを紐付けでき、1人の利用者が複数のログインIDを使い分ける環境に対応できる。Active Directoryと連携した利用者登録も可能となっている。

 「統合ログシステム」では、通常ベンダごとに管理するログデータを、マルチベンダで一元管理できる。汎用的な情報(MIB情報)ではなく、メーカー純正のログ収集機能を利用するため、詳細/正確にデータを収集/分析できる。柔軟な検索機能を標準で備えており、課金業務/利用者教育業務などに利用できる。

 「プロッタ対応システム」では、印刷完了通知が可能で、印刷指示PCへポップアップで連絡されるほか、印刷物の引取時にICカード認証を実施でき、引取状況のモニタ表示もできる。放置時間の項目を追加したログを統合ログシステムへ保存することもできる。これらにより、現状の印刷環境を維持し印刷精度を守りながら、放置状況を監視できる。

 なおライセンス価格は、利用者が1000人以下の場合で150万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029265


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ