富士ソフト、手書き入力に対応する予測変換ソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ソフト、手書き入力に対応する予測変換ソフトウェアを発売


掲載日:2010/04/06


News

 富士ソフト株式会社は、タブレットPCなどのタッチパネル上で手書き入力された文字の予測・変換を可能にする日本語入力ソフトウェア「FSKAREN for Handwriting」を、発売した。

 「FSKAREN for Handwriting」では、ひらがな入力時の予測変換に加え、手書きによる漢字入力時にも予測候補を出力できる。また、手書き入力のほかにも、ソフトウェアキーボード入力/テンキー入力などユーザの好みに合わせた入力方式を選択することもできる。これにより、文字の入力方法を簡素化し、また選択肢を増やすことで、タッチパネル上での入力環境を向上させ、容易な操作での文字入力を可能とする。

 企業などで活用される既存の業務系アプリケーションと直接連携することもでき、店舗で使用する伝票や、官公庁や企業で使用する文書、病院の電子カルテなど、タッチパネルを搭載したノートPC上で手書き入力を行なう様々な目的に活用できる。

 販売方法は、ユーザの製品への組み込み、ユーザの社内システムへの組み込み、単品でのライセンス販売で、法人・メーカー向けにライセンス提供される。


出荷日・発売日 2010年4月5日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029245


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ