ITFOR、通話録音システムの新版で仮想化・ブレードサーバに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITFOR、通話録音システムの新版で仮想化・ブレードサーバに対応


掲載日:2010/04/05


News

 株式会社アイティフォー(ITFOR)は、大規模コールセンタで利用できる通話録音システムの新版で、仮想化とブレードサーバに対応し、サーバの集中化と設定作業の標準化により運用コストを削減できる「ナイスパフォーム・リリース3.2(NICE Perform R3.2)」を、4月5日より発売する。

 今回の新版では、仮想化ソフトウェア「VMware」に対応した。1台の物理サーバ上に複数のサーバを仮想的に構築することで余力があるサーバのリソースを有効活用でき、サーバの台数を50%以上削減可能としている(同社比)。複数個所に分散しているサーバルームを集中化できるため、拠点ごとの人員配置コストや移動コストも削減できる。また、設定作業が標準化された仮想サーバを物理サーバ上に構築して使用するため、すべて同一の設定作業となり作業時間を短縮できる。あらかじめ標準的な仮想サーバを作っておけば、コピー操作で仮想サーバを追加したり、老朽化した物理的サーバから新しいサーバへ容易に移行したりすることもできる。これらにより、サーバの管理コストを削減できる。

 更に、ブレードサーバを採用することでデータセンタの床面積を削減でき、施設の運用コストを削減できる。ブレードサーバは電源や冷却ファンなどを複数で共有できるため、消費電力も削減できる。

 なお価格は、100席のコールセンタの場合、一式2000万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年4月5日 発売
価格 100席のコールセンタの場合:一式2000万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029221


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ