富士通SSL、メール誤送信防止製品をExchange Serverに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通SSL、メール誤送信防止製品をExchange Serverに対応


掲載日:2010/04/02


News

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker」の適用範囲を、マイクロソフト株式会社のグループウェア「Microsoft Exchange Server」に拡大し、価格は据え置きして提供を開始した。

 「SHieldMailChecker」は、クライアントPCにインストールすることで、社外に送信する前に誤送信を検出し、送信を止めることのできる製品。メールの宛先間違いや添付ファイルの取り違えなど、メール誤送信による情報漏洩への対策を図れる。ホワイトリストの学習機能により過剰な警告を抑制できるほか、セキュリティポリシーを一括して設定できる。

 今回の適用範囲拡大により、Outlook 2007をメールソフトとして搭載するExchange Server 2007環境で「SHieldMailChecker」を利用可能となった。今後、Exchange Server 2010や企業向けオンラインサービス「Exchange Online」へも適用範囲を拡大していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」 【NTTテクノクロス】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。
クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029218


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ