GMO-HS、IaaS型パブリッククラウドサービスの機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMO-HS、IaaS型パブリッククラウドサービスの機能を強化


掲載日:2010/04/01


News

 GMOホスティング&セキュリティ株式会社(GMO-HS)は、ホスティングブランド「アイル」で、IaaS(Infrastructure as a Service)型パブリッククラウドサービス「True CLOUD」のCPU/メモリ容量を増強したと、発表した。

 「True CLOUD」は、クラウドコンピューティングテクノロジーを採用したIaaS型パブリッククラウドサービス。“クラウドノード”(CPU/メモリ/HDD/データ転送量といったサーバリソースを組み合わせたシステム)単位での自由なリソース割り当てや、アクセスのピークに合わせたリソーススケジューリング、大容量Webコンテンツの高速配信を可能にするAkamai CDN(Contents Delivery Network)、64ビットLinux OS/LAMPパッケージ、無制限マルチドメイン/マルチIPアドレスなどを提供する。

 今回の機能強化では、1クラウドノードあたり、CPUを0.4GHzから0.6GHzへ、メモリ容量を256MBから375MBへ増強した。なお価格は、1クラウドノードで初期費用2万1000円、月額費用2940円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版 【日本マイクロソフト】 クラウドコンピューティング入門 IaaSからSaaSまで得する選び方 【KDDI】 変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消 【日本オラクル】 基幹業務システムの俊敏性と信頼性を最大化 クラウド移行の秘訣 【日本アイ・ビー・エム】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版 クラウドサービスの「安心材料」とは――クラウド 選び方ガイド 変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消 古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価 パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029198


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ