日立、情報共有基盤サービスをSaaSで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、情報共有基盤サービスをSaaSで提供


掲載日:2010/03/31


News

 株式会社日立製作所は、企業内のコミュニケーション活性化による業務効率向上や、インフラ運用コストの最適化を求めるニーズに対応する「Groupmax Collaboration」をベースとしたサービス「情報共有基盤サービス-コラボレーション機能-」を、4月1日よりSaaS(Software as a Service)で提供する。

 「情報共有基盤サービス-コラボレーション機能-」では、従来ユーザ企業内にシステム構築をするシステムインテグレーションの形で提供していた「Groupmax Collaboration」のポータル画面やコミュニティ管理、メール、スケジュール管理、ファイル共有、電子会議室、電子掲示板など、企業内の組織横断的なコミュニケーションや情報共有を支援する機能を、同社のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップとしてSaaSで提供する。

 4つのサービスが用意されており、基本となる「情報共有基盤コラボレーションサービス」は、メール/スケジュール/ファイル共有/電子会議室/電子掲示板などの各種コミュニケーション機能について、柔軟に利用できるポータル画面と安全で効率的なコミュニケーションを可能とするコミュニティ管理機能により、包括的なコラボレーション環境を提供する。

 また、携帯電話からのアクセスを可能にする「情報共有基盤携帯電話連携サービス」、ウイルススキャンやフィルタリングなどを行なう「情報共有基盤メールセキュリティサービス」、メールを蓄積/管理する「情報共有基盤メールアーカイブサービス」をユーザのニーズに合わせて組み合わせることができる。

 サービスを提供するデータセンタは、強固な地盤への直接基礎工法と免震装置を併用した堅牢性に優れる構造物で、指静脈認証やICカードによる入退管理システムなどのセキュリティ環境を備えている。また、プライバシーマーク、ISMS(情報セキュリティ管理システム)に準拠した運用でセキュリティ/信頼性を確保している。ハードウェア/ソフトウェア/ファシリティは同社製品で構成されており、安定したサービスを提供するほか、障害発生時でもワンストップで迅速な問題解決を可能としている。

 なお価格は、「情報共有基盤コラボレーションサービス」が5000ユーザ規模の場合で1ユーザライセンスあたり月額750円から、その他のサービスが個別見積となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】 Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 Liferay Portal 【イージフ】
EIP EIP EIP
Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。 メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029164


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ