NTT東西、既存設備向けの「ひかり電話オフィスA」アダプタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、既存設備向けの「ひかり電話オフィスA」アダプタを発売


掲載日:2010/03/30


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社(NTT東西)は、法人での利用に適した光IP電話サービス「ひかり電話オフィスA(エース)」を利用するためのアダプタ「Netcommunity VG-X」/「Netcommunity VG2330X」を、3月30日より発売する。

 「ひかり電話オフィスA」は、1契約で最大100チャネル(加入電話100回線分)、300番号まで利用できる光IP電話サービス。今回発売される「VG-X」/「VG2330X」は、主に9チャネル以上の事業所で、既存の電話設備(ビジネスホン等)を更改せずに同サービスを利用可能とする。

 「VG-X」は、下部に「Netcommunity VG430/830」シリーズを複数接続することで、最大32チャネルまでの利用を可能とする。現在「ひかり電話オフィスタイプ」を複数契約して利用中、または「ひかり電話ビジネスタイプ」を利用中のユーザで、複数台の「VG430/830」を利用している場合は、上部に同製品を設置することで、機器を買い換えずに「ひかり電話オフィスA」を利用できる(別途「VG430/830」のファームウェアバージョンアップが必要)。

 「VG2330X」は、「VG-X」ではカバーできない33〜100チャネルでの利用、または「INSネット1500」対応のビジネスホンなどを利用するユーザ向けの製品。33〜100チャネルで利用する場合は、同製品の下部に他の「ひかり電話」対応アダプタを複数台接続して利用する。「INSネット1500」対応ビジネスホンなどで利用する場合は、同製品単体で23チャネルまで対応できる。

 なお価格は、「VG-X」が4万円、「VG2330X」が40万円となっている。


出荷日・発売日 2010年3月30日 発売
価格 「VG-X」:4万円、「VG2330X」:40万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029148


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ