日立、「ストレージクラウド」を体系化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、「ストレージクラウド」を体系化


掲載日:2010/03/29


News

 株式会社日立製作所は、信頼性/セキュリティに優れたクラウドコンピューティング環境を実現するソリューション「Harmonious Cloud」で、データが保存されている場所を問わずシームレスにデータへのアクセスを可能とするソリューション「ストレージクラウド」を体系化した。

 今回、「ストレージクラウド」の第1弾として、ユーザ企業内のクラウドシステムで扱うデータを、ユーザが自社内のストレージへバックアップするのと同様の操作性で、ネットワークを介して“Harmonious Cloudセンタ”にバックアップできる「クラウドバックアップサービス」を、4月1日より提供する。価格は、個別見積の月額料金となっている。

 「クラウドバックアップサービス」では、業務システムに応じた確実な遠隔バックアップ/リストア環境を構築可能とし、従来ユーザが使っていたバックアップツールをそのまま活用できる環境を提供するなど、操作性にも配慮されている。また、バックアップデータを“Harmonious Cloudセンタ”に高セキュリティな環境で転送するためのネットワークの構築が行なわれる。

 “Harmonious Cloudセンタ”は、堅固な地盤への直接基礎工法と免震装置を併用した堅牢性に優れた構造物と、指静脈認証やICカードによる入退管理システムなどのセキュリティ環境を備えたデータセンタ内に設置されている。ストレージには日立ディスクアレイサブシステムを用い、24時間365日監視などストレージの保守を行なうことで、データの保全性を確保する。指定された仮想サーバ以外からのアクセスを排除するなど、ユーザ企業ごとにデータの格納領域や通信経路を分離することで、堅牢なセキュリティも確保している。


出荷日・発売日 −−−
価格 「クラウドバックアップサービス」:個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

4種類のバックアップを1台のアプライアンスに統合、保守コストを半分に 【ノックス株式会社】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
4種類のバックアップを1台のアプライアンスに統合、保守コストを半分に オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029142


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ