ラック、WAF機器を対象としたセキュリティ運用管理サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラック、WAF機器を対象としたセキュリティ運用管理サービス提供


掲載日:2010/03/29


News

 株式会社ラックは、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)機器を対象としたセキュリティ運用管理サービス「WAF24+」を、4月1日より提供する。価格は、オープン価格となっている。

 「WAF24+」では、専門家による優れたセキュリティレベルの運用管理で、ユーザのWebサイト運営におけるセキュリティリスクを低減可能とする。リモートネットワーク環境からユーザのネットワークに設置されたWAF製品に対して、死活監視や性能監視、障害対応、シグネチャアップデート、設定チューニング作業、月次レポートなどの運用管理サービスを提供する。

 また、同サービスが対象とするWAF製品は、サイバーリスク総合研究所の調査研究、セキュリティ監視センタである“JSOC”が収集/分析した攻撃手法や、Webサイトのセキュリティ診断による知見などを集約したラックオリジナルの防御パターンを採用している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite 【ジェイピー・セキュア】 CLEARSWIFT SECURE Web Gateway 【日立ソリューションズ】 WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF 【NTTソフトウェア】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】
WAF WAF WAF WAF WAF
InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。 Webセキュリティに必要なURLフィルタリング、ウイルス対策などの機能をオールインワンで提供。 簡単かつ低コストに、Webサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策サービス。クラウド型WAFなら運用も導入企業側で行わずにすむ。オンプレミス型WAFの提供も可能。 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029141


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ