GMOグローバルサイン、FDAの電子申請用のクライアント証明書提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOグローバルサイン、FDAの電子申請用のクライアント証明書提供


掲載日:2010/03/29


News

 GMOグローバルサイン株式会社は、1枚から導入できる、米国食品医薬品局(FDA)の電子申請に必要なクライアント証明書「電子署名(S/MIME)用証明書」の提供を、開始した。

 FDAは、米国で流通する医薬品や医療機器、食料品、化粧品に属する様々な製品や、その原材料の安全性や有効性を検査、保証する米国の公的機関。FDAへの承認申請では、“FDA ESG”(Electronic Submission Gateway)というアプリケーションが使用されており、“FDA ESG”による申請では、クライアント証明書を使用した電子署名と暗号化が義務付けられている。

 今回提供される「電子署名(S/MIME)用証明書」は“FDA ESG”の署名・暗号化検証の際にも利用されており、FDAが推奨する有効期間3年の証明書を発行できる認証局が発行する電子署名用の証明書を取得できる。申請、支払、認証審査、テクニカルサポートといったプロセスを日本国内で実施できる。クライアント証明書で配信するメールに電子署名を行なうことで、送信者の身元情報を証明し、本文や添付ファイルの改ざんの有無を検知して、暗号化を施せる。

 これにより、FDAは虚偽の申請でないことを認知でき、通信の機密性を保てる。また、“FDA ESG”を利用しない企業でも活用できる。

 有効期限1年/2年/3年が用意されており、価格は、それぞれ5万4600円/10万3740円/14万7420円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Vormetric暗号化/トークナイゼーション 【タレスジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 Thales HSM (ハードウェアセキュリティモジュール) 【タレスジャパン】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理を行う製品。信頼の要となる鍵をソフトウェアから分離して強力に保護することが可能。強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029134


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ