ALSI、REACH規則対応の製品含有化学物質管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ALSI、REACH規則対応の製品含有化学物質管理システムを発売


掲載日:2010/03/29


News

 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、部品メーカ、セットメーカ、商社など向けに、EUの化学物質管理のための規則“REACH規則”に対応した製品含有化学物質管理システム「GreenAXIS」を、発売した。

 「GreenAXIS」は、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)の“ECセンター”が規定するシステム標準、環境辞書に準拠した製品含有化学物質情報(環境情報)を管理する仕組みで、ALSIとTDK株式会社、アルプス電気株式会社の3社で共同開発された。製品発売に先駆け、環境情報流通実証実験が実施され、同システムを利用した企業間の環境データの連携が確認された。製品化に際しては、より使い勝手に優れたシステムとして改良が行なわれている。

 AIS、MSDSplus、JGPSSI、JAMAといった様々なフォーマットに対応しており、ユーザの社内の部品表と連携して、製品含有化学物質の積み上げ計算を行なえる。社内連携のためのワークフローをサポートしている。また、報告形式は、中抜き(JAMP標準)と積み上げに対応しており、標準品(一般公開)とカスタム品(得意先品番での検索)の開示方法にも対応する。設計変更などにより、過去に提示したAISの再提示にも対応している。エージェント機能(JEITAが規定するシステム標準に準拠した環境情報流通交換の仕組み)による効率的なデータ交換を実現している。グローバル対応で、日本語/英語に対応している。

 素材-部品-完成品メーカの環境情報をスムーズに連携でき、環境情報を、部品表(自社工程)に合わせて蓄積・加工できる。また、送信履歴を管理することで、設計変更時の再送付先を特定できる。化学・電気・自動車など、各種業界の標準フォーマットを変換・利用できる。

 これらにより、短期間/低コストで化学物質管理を行なえ、事務作業増加によるリスクや負荷の軽減を図れる。また、購入先から納入される部品の環境情報(含有化学物質情報)を収集し、得意先向けの製品環境情報を容易に作成できる。

 購入先からの環境情報の収集業務、得意先への環境情報の提供業務を代行する「GreenAXIS CR(Collection & Reporting)」と、購入先から収集した環境情報で、自社製品の構成に従い、製品環境情報を作成する「GreenAXIS ePDM(environmental Product Data Management)」が用意されている。


出荷日・発売日 2010年3月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
PLM PLM
さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029133


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ