ベリサイン、クラウド型のオンライン詐欺検出サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ベリサイン、クラウド型のオンライン詐欺検出サービスを提供


掲載日:2010/03/26


News

 日本ベリサイン株式会社は、オンライン詐欺検出サービス「VIP FDS」に、より導入が容易なクラウド型の「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービスHosted」(VIP FDS Hosted)を追加し、提供を開始した。

 「VIP FDS」では、オンラインバンキングやECサイトなどの各種会員Webサイトなど、インターネット上に公開されたサービス上でのなりすましによる詐欺や、社内リソースの不正利用などを、利用者の行動パターン分析により検出し、不正の防止を図る。今回追加された「VIP FDS Hosted」では、「VIP FDS」を利用するためのシステムを、同社のデータセンタ内で保有・運用する。ユーザ企業は、詐欺検出を行なうサーバやDBなどを自社内に保有・運用せずに、早期/廉価に「VIP FDS」をサービスに付加し、安全性を高めることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 【日本マイクロソフト】 クラウドID管理の難題、解決の鍵は? 【日本マイクロソフト+他】 Entrust Datacard -AUTHENTICATION CLOUD SERVICE 【エントラストジャパン株式会社】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣 業務の効率化にクラウドアプリの積極的な導入は欠かせないが、利用するサービスが増えてくるとID管理やセキュリティ確保が課題になる。どうすればいいか。 狙われる“ID”――クラウド環境で急増するアプリIDをどう守る? デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029127


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ