マカフィー、Adobe LiveCycle ES2を組込んだ情報漏洩防止を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、Adobe LiveCycle ES2を組込んだ情報漏洩防止を提供


掲載日:2010/03/24


News

 マカフィー株式会社は、Adobe LiveCycle Rights Management ES2を組み込んだ情報漏洩防止(Data Loss Prevention:DLP)セキュリティスイート「McAfee Data Protection Suite for Rights Management」の提供を、開始した。

 「Data Protection Suite for Rights Management」では、DLPからHDD/ファイル/フォルダ暗号に対応した包括的なデータ保護ソリューション「McAfee Total Protection for Data」と、自社のセキュリティポリシーに基づく電子文書保護を企業規模で実現するソリューション「Adobe LiveCycle ES2」が組み込まれている。また、「Adobe LiveCycle ES2」と「McAfee Host Data Loss Prevention 9.0」を合わせて導入することで、自社の管理下にあるクライアントPC上だけでなく、取引先など社外に存在する機密データを保護できる。

 ダイナミックかつ効果的なポリシー管理により、機密情報が社内外の関係者に送付される際の安全性を確保でき、安全に情報を共有できる。また、社外にデータを送信した後でも、データを自己の管理下に置くことで、監査、廃棄、利用者のアクセス権限を更新・変更できる。著作権管理(Rights Management:RM)のポリシーは常にドキュメントとともに移動するため、権限のある利用者のみにデータへのアクセスを許可する。

 利用者の手を借りずに機密データのディスカバリーができる。利用者のローカルドライブを容易にスキャンし、保護が必要なデータを探査するとともに、情報セキュリティポリシーに基づくRMポリシーを適用する。また、RMポリシーが適用されていないデータが、メールやWeb、リムーバブルメディアを通じて社外に流出するのを防止できる。Adobe ReaderやMicrosoft Office(プラグインが必要)と互換性があるため、オフィス内で頻繁に利用されるデータに保護を追加できる。

 セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」(ePO)のプラットフォームによりセキュリティ管理を集中化できる。「ePO」がデータ保護ポリシーを社内のすべてのエンドポイントに適用することで、機密データをすべて発見できる。単一コンソールによる統合管理がセキュリティ対策を容易にするとともに、機密データへのアクセス状況を追跡、監査、レポートするため、コンプライアンスにも対応している。

 なお価格は、1ノード5万6280円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ノード:5万6280円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DLP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

「DLP」関連の製品

Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】
DLP DLP DLP DLP
共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。 「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029082


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ