マカフィー、デバイス管理ソフトウェアの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、デバイス管理ソフトウェアの新版を提供


掲載日:2010/03/23


News

 マカフィー株式会社は、ネットワークでのリムーバブルメディアデバイス管理ソフトウェアの新版「McAfee Device Control 9.0」の提供を、3月23日より開始する。

 「Device Control 9.0」は、USBメモリ、MP3プレーヤ、CD、DVDなどのリムーバブルメディアにより、重要データが企業の管理下を離れ、悪意のある第三者に渡らないよう、データを防護する。ユーザがこれらのメディアにデータをコピーする方法を監視、制御できる。また、使用できるメディアと使用を制限するメディアの指定、コピーできるデータと制限するデータの設定、更に機密情報を格納しているファイルサーバなどの特定のロケーションや、特定のアプリケーションからのコピー制限など、きめ細かな管理を行なえる。

 リムーバブルメディア制御機能の強化が図られており、不許可アプリケーションの実行防止によるマルウェア感染防止、ドキュメントプロパティ機能の追加、デバイス定義パラメーターの運用性向上などが図られている。リムーバブルメディアを通じたマルウェア感染に対応するため、リムーバブルメディアからのアプリケーション実行を制御する機能が追加された。これにより、USBメモリなどのリムーバブルメディアからのマルウェア感染や、不許可アプリケーションの実行防止が可能になった。

 保護ルールで、機密データの検出ルールで使用されるドキュメントプロパティ定義が利用可能になったことで、特定のユーザが作成したファイルや、機密文書用のテンプレートを使用したファイルのUSBメモリへのコピーをブロックできる。また、管理対象のデバイスを定義する際に、デバイスのシリアル番号のリストをCSV形式でインポートでき、デバイス定義パラメータの管理が容易になった。エクスポートも可能で、会社支給のデバイスをどの部署に配布し、誰が使用しているか、といった台帳管理に活用できる。

 同社は、同ソフトを暗号化USBメモリ「McAfee Encrypted USB」やエンドポイント暗号化ソフトウェア「McAfee Endpoint Encryption」などと組み合わせ、企業が自由にデータを持ち運ぶために、リムーバブルメディアを管理する統合ソリューションを提供する。これらは、セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」で統合一元管理を行なえ、企業のセキュリティ強化と、包括的なデータ保護を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029069


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ