ISID、連結会計ソリューションをIFRSコンバージェンスに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISID、連結会計ソリューションをIFRSコンバージェンスに対応


掲載日:2010/03/19


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、連結会計パッケージソフトウェアのIFRSコンバージェンス(収れん)対応バージョン「STRAVIS Ver.4.0」を、3月19日よりリリースする。

 「STRAVIS」では、“制度連結会計と管理連結会計の融合”を基本コンセプトにしている。今回の「Ver.4.0」では、連結会計処理に今後求められるコンバージェンス項目の一部を標準装備したことで、より簡便にコンバージェンス対応が可能になる。また、資本連結機能の改善を行なったほか、データ検証機能の強化、遡及修正対応の機能強化も行なわれている。

 今後も対応が必要な会計基準の変更に対して同ソフトの機能強化、機能追加を行ない、企業のIFRS対応を支援する。

 なお価格は、1ライセンス600万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 アンケート調査から見えた「失敗しない会計システム選び」の3カ条 【ミロク情報サービス】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 資金可視化で保有キャッシュ削減、コニカミノルタのグローバル財務管理術 【キリバ・ジャパン】 交通費・経費精算クラウド 経費Bank II 【SBIビジネス・ソリューションズ】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 会計システムが抱えるニーズと実態のズレ、失敗しない会計システムをどう選ぶ? 財務担当者必見、競争力強化のために注力すべき7つの分野とは? グローバル企業の課題、グループ全体の財務管理を徹底する方法は 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029054


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ