RiTech International、2指での指紋認識と認証を備えたUSBを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


RiTech International、2指での指紋認識と認証を備えたUSBを発売


掲載日:2010/03/19


News

 RiTech International Ltd.は、2指による指紋認識と認証機能を備えたUSB「Signature Lite」を、発売した。

 「Signature Lite」は、横77mm×幅28mm×高さ13mm/重さ30gのUSB。ドライバ不要で、履歴を残さずに利用でき、パスワード不要で、様々なプラットフォームに対応している。ハードウェア側に暗号認識エンジン(AES:Advanced Encryption Standard、128ビット)を搭載しており、ソフトウェアや他の方法を使用せずに、暗号化と暗号解除を行なえる。また、基板上の指紋操作や認証が、追加機能として内製化されているため、強制管理、入力制限を行なえる。

 これらにより、利用者や管理者が更に効率的にデータ管理を行なえる。

 なお価格は、「Signature Lite 2GB」が2万8665円、「Signature Lite 4GB」が3万4220円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 【シーディーネットワークス・ジャパン】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029051


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ