DNP、AES暗号に対応したICカードとリーダ/ライタ用SAMを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、AES暗号に対応したICカードとリーダ/ライタ用SAMを発売


掲載日:2010/03/15


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、AES(Advanced Encryption Standard)暗号に対応した非接触ICカード「MIFARE Plus」と、AES暗号対応ICカードの認証機能を搭載したリーダ/ライタ用SAM(Secure Application Module)を、4月より発売する。

 「MIFARE Plus」は、ISO/IEC14443 TypeAに準拠している。カード内に“MIFARE互換モード”を搭載しているため、AES暗号未対応でDES暗号を使用している既設のリーダ/ライタでも利用できる。また、今回発売されるSAMは、小型ICカード形状で、SAMスロットを備えたリーダ/ライタに容易に取り付けられる。ICチップの内部に暗号鍵・暗号演算機能を内蔵しており、正規に発行されたカードであるか否かの認証プロセスを安全に行なえる。「MIFARE Plus」カードと組み合わせることで、AES暗号による高セキュリティの認証を行なえる。

 なお価格は、「MIFARE Plus」(2KB)が10万枚の場合で1枚あたり180円、SAMが1000枚の場合で1枚あたり2000円(いずれもIC発行費別途)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 【Auth0】 指ハイブリッド認証 【NEC】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】
認証 認証 認証 認証 認証
患者データの共有で研究を促進、米国医療・研究機関に学ぶ認証基盤のシンプル化 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029004


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ