DNP、AES暗号に対応したICカードとリーダ/ライタ用SAMを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、AES暗号に対応したICカードとリーダ/ライタ用SAMを発売


掲載日:2010/03/15


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、AES(Advanced Encryption Standard)暗号に対応した非接触ICカード「MIFARE Plus」と、AES暗号対応ICカードの認証機能を搭載したリーダ/ライタ用SAM(Secure Application Module)を、4月より発売する。

 「MIFARE Plus」は、ISO/IEC14443 TypeAに準拠している。カード内に“MIFARE互換モード”を搭載しているため、AES暗号未対応でDES暗号を使用している既設のリーダ/ライタでも利用できる。また、今回発売されるSAMは、小型ICカード形状で、SAMスロットを備えたリーダ/ライタに容易に取り付けられる。ICチップの内部に暗号鍵・暗号演算機能を内蔵しており、正規に発行されたカードであるか否かの認証プロセスを安全に行なえる。「MIFARE Plus」カードと組み合わせることで、AES暗号による高セキュリティの認証を行なえる。

 なお価格は、「MIFARE Plus」(2KB)が10万枚の場合で1枚あたり180円、SAMが1000枚の場合で1枚あたり2000円(いずれもIC発行費別途)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

“情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】
認証 認証 認証 認証 認証
情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。
「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20029004


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ