ソフトイーサ、法人向けのレイヤ2/3 VPNソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトイーサ、法人向けのレイヤ2/3 VPNソフトウェアを発売


掲載日:2010/03/15


News

 ソフトイーサ株式会社は、レイヤ2/3 VPNソフトウェア「PacketiX VPN 3.0」の法人向けエディションを、3月15日より発売する。

 「PacketiX VPN 3.0」では、IPv6への対応、通信スループットの向上、遅延の減少、暗号強度の強化、タグVLAN対応などの新機能が追加され、Windows 7/Server 2008 R2などの対応OSやCPUも増加した。IPv6対応では、VPN内部のIPv6通信をサポートしたほか、物理的なネットワーク上でIPv6のみでVPN接続を行なうこともできる。更に、ネットワーク技術者・システム管理者向けに、低速ネットワークのシミュレーション機能(遅延・パケットロス・ジッタ生成)が搭載されたほか、NTT東日本の「Bフレッツ」網内部のみでISPを経由せずに拠点間VPN接続を低遅延・高スループットで実現できるなど、様々な機能を備えている。

 法人向けエディションでは、同時接続クライアント数30まで/同時接続拠点数2拠点まで(1同時接続まで)で小規模企業向けの「Standard Edition」、100同時接続まで/4拠点まで(3同時接続まで)で中規模企業向けの「Professional Edition」、300同時接続まで/10拠点まで(9同時接続まで)で大規模企業向けの「Enterprise Edition」、同時接続クライアント数/同時接続拠点数いずれも無制限で大規模企業向けの「Ultimate Edition」の4種類が用意されている。

 ライセンス体系が簡素化され、企業規模に応じたエディションの製品ライセンスを購入することで、接続ライセンスの購入が不要になった。また、新たに「サブスクリプション制度」が導入された。サブスクリプション契約は製品ライセンスに標準で1年間または3年間分付属し、任意で継続できる。

 サブスクリプション契約の有効期間中は、購入元(同社の認定パートナー)から、電話/FAX/メールによるサポートを受けられるほか、購入元が十分なサポートを提供しない場合には、同社に対して直接サポートを要求する権利が提供される。また、セキュリティホール・不具合の修正や新機能の拡張などのパッチのダウンロード・インストールや将来リリースされる予定の「PacketiX VPN 4.0」へのバージョンアップを追加料金不要で行なえる。


出荷日・発売日 2010年3月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028995


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ