EPSON、短焦点や書画カメラ付きの学校向けプロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、短焦点や書画カメラ付きの学校向けプロジェクタを発売


掲載日:2010/03/11


News

 エプソン販売株式会社は、学校向けプロジェクタ6機種を、2010年4月上旬より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回発売されるのは、短焦点の壁掛け専用モデル「EB-460T」/「EB-450WT」/「EB-460」/「EB-450W」と、容易に操作できる「EB-825H」、書画カメラ(実物投映機)付きの「EB-825HV」の計6機種。液晶パネル技術“3LCD”方式を採用し、明るく、自然な色合いで、ちらつきを抑え目に優しい映像を投影できる。「EB-460T」/「EB-460」/「EB-825H」/「EB-825HV」は解像度XGA/明るさ3000ルーメン、「EB-450WT」/「EB-450W」はWXGA/2500ルーメンとなっている。

 壁掛け専用モデルの4機種は、投写面からプロジェクタまでの距離が40cmを切りながら、最大約100インチの大画面を投写できる。投写面の前に立つ人の真上を抜けるようにして光が投写面へ届くため、まぶしくなく、画面に人物の影が映りにくい。更に「EB-460T」/「EB-450WT」は、付属の電子ペンをマウスとして使用し、PCの操作を投写面上で行なえる“Easy Interactive Function”機能により、投写面上でデジタル教材やプレゼンテーションソフトを操作できる。5月よりダウンロード開始予定の専用ソフト「Easy Interactive Tools」を追加すれば、電子ペンで投写面上に直接文字や図形を書き込むことができ、文字や図形はそのままPCに保存できる。

 「EB-825H」は、1.6倍ズームレンズを搭載し、1.7mの距離で60型に投写できるプロジェクタ。不使用時の待機消費電力は0.4Wに抑えられている。「EB-825HV」は、「EB-825H」に書画カメラ「ELPDC06」が付いたモデルで、PC不要で実物を投映できる。プロジェクタと書画カメラ、付属品を同時収納できるソフトキャリングケースが標準添付されている。他の5機種でも、「ELPDC06」はオプションで用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028971


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ