日立ソフト、特権ID管理ソフト「SR-AdminSupport」を機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、特権ID管理ソフト「SR-AdminSupport」を機能強化


掲載日:2010/03/10


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、ID統合管理製品群「SR」シリーズの特権ID管理製品「SR-AdminSupport」の機能を強化し、3月10日より出荷する。

 「SR-AdminSupport」は、各サーバの複数の特権IDを一元管理することで、特権IDを確実に個人に紐付け、統制がとれた管理を可能とし、煩雑なシステム管理作業を効率化する。今回の機能強化では、サーバのOSに登録された最高権限のID(Windows系OSでのAdministrators、UNIX/Linux系OSでのroot権限のID)に加え、ユーザが厳密に管理する必要があると考えるOSのグループに登録されたID(Power Usersグループの登録IDなど)も特権IDとして管理可能となった。これにより、OSに登録されるすべての特権IDの一元管理と運用の一本化が可能となり、IT統制、情報セキュリティをより強化することができる。

 また、従来のサポートOSに加え、Windows Server 2008 Enterprise Edition(x86/x64)、Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition(x64)、Red Hat Enterprise Linux 5(x64)がサポート対象として追加された。


出荷日・発売日 2010年3月10日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件 【CA Technologies】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件 「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 効果的なセキュリティ対策を目指すなら欠かせない「特権アカウント」管理

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028961


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ