NTTLS、危機発生時の情報共有システム日本語版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTLS、危機発生時の情報共有システム日本語版を発売


掲載日:2010/03/10


News

 エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社(NTTLS)は、米ESi Acquisition,Inc.が開発した、Webを使用した危機発生時の情報共有システム「WebEOC」の日本語版を、3月25日より発売する。

 「WebEOC」は、企業での危機インシデントのマネジメント、自然災害からの復興、重要インフラの防護など、危機の様々な場面で情報の集約・管理・共有を実現し、緊急事態や災害の発生・復旧状況を的確に認識することで、ユーザの意思決定を支援するシステム。BCP(事業継続計画)策定後、トラブル対応などの日常業務に導入することで、緊急時にも柔軟に対応できる情報共有体制を構築できる。

 Webブラウザからの簡便な操作で利用できるほか、Webベースなので他システムとの情報連携や、ユーザによるカスタマイズなど、拡張性に優れている上、扱える情報は文字・地図・画像に加え、RSS、Twitterにも対応している。

 自然災害やサイバーテロなどの緊急事態の発生時に、インターネットやイントラネット経由で複数の関連組織間での情報の集約・管理・共有を実現することで“状況認識の統一”を図り、意思決定を支援する。また、日常的に同システムを使用していない担当者でも、10分前後の簡素な説明で利用できるため、日常の様々なトラブルへの対応などでも活用できる。同システムを利用した際に蓄積された過去のDBをもとに、災害や危機に備えた演習としても活用できる。


出荷日・発売日 2010年3月25日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアへの対処法は? 「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028957


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ