タウン企画、SFAシステムと定着支援コンサルのパッケージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タウン企画、SFAシステムと定着支援コンサルのパッケージを提供


掲載日:2010/03/09


News

 株式会社タウン企画は、B to Bの中小企業に特化し、SFA(営業支援)システムと定着化の支援コンサルティングをパッケージにした営業支援サービス「ナレッジシェア」の提供を、開始した。

 「ナレッジシェア」では、システムが顧客情報や商談、日々の日報などの情報を管理し、蓄積されたデータから経営を可視化(見える化)する様々なレポートをリアルタイムに出力することで、迅速な経営判断をサポートする。また、システム活用やマネジメント力の向上を支援する人的サポートをユーザの事業所で実施することで、システムの社内定着と売上向上を支援する。

 マネジメント支援コンサルティングとして、月に1度、ユーザの事業所でレビュー会という営業会議を実施し、目標設定から実施状況の管理方法、経営レポートの見方、課題の解決方法まで包括的にサポートする。これにより、営業担当社員/マネージャ/経営者それぞれの立場でのシステムの活用の定着化を図る。

 レポート機能により、蓄積された営業活動情報や顧客情報などのデータを元に、迅速な経営判断を可能とするグラフやレポートが出力される。レポートの出力形式は、直感的/瞬間的にとらえられるグラフや表を画面上で確認する形式と、自動作成されたExcel形式が可能なほか、Excel形式で出力されたレポートは、Excel上で2次加工し、取引先に提示する報告書やレポートとして作成することも容易に行なえる。

 顧客獲得のための様々な営業支援ツールとシームレスに連携するサービスも提供される。例えば「ナレッジシェア」を通じて市販の法人リストDBからターゲットを抽出できるほか、システム上で抽出した特定ターゲットに対してダイレクトメール(DM)やFAXなどの発送代行を発注できる。またテレアポ/営業代行をシステム上で依頼し、結果をシステム上で受けられるなど、一連の営業活動をシームレスにシステム上で連携する。なお、3月1日時点ではFAX-DMの連動とFAX-DMに対する問い合わせ対応電話代行の連携のみ可能で、今後連携営業ツールを拡充していく予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは? 【バーチャレクス・コンサルティング】 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 【AdRoll】 パーソナライズDMを自動配信――マーケティングが劇的に変わる次世代MAの正体 【FID】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】
CRM CRM CRM CRM CRM
カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 CRM導入事例:ミキハウス他、カスタマーサポート品質向上の秘訣とは? 「フルファネル広告キャンペーン」実践ガイド、成功に向けた8つのチェック項目 パーソナライズDMを自動配信――マーケティングが劇的に変わる次世代MAの正体 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028945


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ