リコーITソリューションズ、仮想化活用のDRソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコーITソリューションズ、仮想化活用のDRソリューションを提供


掲載日:2010/03/09


News

 リコーITソリューションズ株式会社は、ノベル株式会社の仮想化ソリューション製品群の一製品である「PlateSpin Forge」を活用し、企業のディザスタリカバリ(DR)システム構築を短期間で行なえるDRソリューションの提供を、開始した。

 今回提供されるDRソリューションは、株式会社リコーとノベルとの仮想化ビジネス分野での協業の第2弾で、リコーITソリューションズは、導入前のコンサルティングからDRシステム構築まで、包括的に提供する。「DRシステム導入前のコンサルティングサービス」と「DRシステム構築サービス」が提供され、「DRシステム導入前のコンサルティングサービス」では、導入前のアセスメント(既存環境の計測〜DRシステムに必要なネットワーク帯域やハードウェアリソースの算出)が行なわれ、DRシステム構築に必要な情報とシステム構成のレポート作成が提供される。また、「DRシステム構築サービス」では、コンサルティングの結果に基づいたDRシステムの設計・構築が行なわれる。

 DRソリューションで使用するノベルの「PlateSpin Forge」は、統合復旧ソフトウェア、専用ストレージ、ハイパーバイザー、Webベースのインターフェースを1つのハードウェアアプライアンスに統合している。これにより、短期間でDRシステムを構築できる上、待機OSやアプリケーションのライセンス費用が不要になり、従来に比べ廉価でDRシステムを構築できる。また、コンサルティングを実施する際には、ノベルの仮想化プランニングツール「PlateSpin Recon」のワークロードプロテクション機能(DRシステムに必要なサーバ容量を、高精度で測定できる機能)を活用する。

 なお価格は、「DRシステム導入前のコンサルティングサービス」が80万円から、「DRシステム構築サービス」が50万円からとなっている。当初は首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)から開始し、順次、名古屋・大阪にも展開する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】 Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 クラウドでDR対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る 【ニフティ】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授 バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 クラウドでディザスタリカバリー対策する利点:ニフティのDRaaS実用例から探る

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028942


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ