PBC、ユーザビリティが向上したマイクロソフト製ERPを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PBC、ユーザビリティが向上したマイクロソフト製ERPを発売


掲載日:2010/03/08


News

 株式会社パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は、マイクロソフトの中堅・中小企業(SMB)向けERPパッケージの新版で、業務担当者別WebポータルとWebサービス対応によりユーザビリティが向上した「Microsoft Dynamics NAV 2009 SP1ロールテイラード版日本語バージョン」を、4月下旬より発売する。

 今回発売される製品では、マイクロソフト製「Microsoft Dynamics NAV 2009 SP1 ロールテイラード版」に、PBCが日本の商習慣に合わせた各種機能を追加し、日本語化した。導入プロジェクトの中でシステムを構築するという方法で提供される。

 “ロールテイラード”(Role-Tailored)、すなわち“役割ごとに合わせて作られた”という名称の通り、ユーザインターフェースを業務ごとに設定できる業務担当者別Webポータル“ロールセンター”が導入された。不要な情報を隠し、自分に必要な情報や使用頻度の高い機能へのリンクのみを表示できるほか、進行中の業務や対応する必要のある業務が画面上に表示され、業務の優先付けができる。また、緊急対応の必要がある作業について、他の社員から通知メッセージを受信できる。会社/部署などの日々のパフォーマンスを示すグラフの表示もできる。“ロールセンター”は業務別に異なる画面が標準で21パターン用意されており、カスタマイズにより新たな作成も可能なほか、業務担当者自身が画面をパーソナライズすることもできる。

 Web技術を採用し、クライアント/サーバシステムをプレゼンテーション層/アプリケーション層/データ層に分けて構築する“3階層システム”に対応した。“3階層システム”では、運用中にロジック変更が生じた際のシステム改修が容易となり、またサーバ負荷を分散できる。Webサービスに対応したことで、外部からの「Microsoft Dynamics NAV」データやビジネスロジックへより安全・確実にアクセスでき、他システムと容易に連携できる。

 Outlookとの連携強化により、受信トレイやタスクリストを、画面を切り替えずに「Dynamics NAV」の画面上に表示できる。レポーティング機能では、レポートに図/グラフ/表を挿入する機能も追加され、視覚性に優れたレポートの作成が可能となっている。またIFRSへの対応として、原則主義の枠内でどのように会計処理をするか、企業が判断し運用できる設計が採用されている。


出荷日・発売日 2010年4月下旬 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営 【ネットスイート】 ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【ネットスイート】 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 【日立ソリューションズ】 オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
グループ全体のプロジェクトを見える化 クラウド型ERP導入効果 クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028936


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ