3PAR、VMware vSphere向けプラグイン2種を供給開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


3PAR、VMware vSphere向けプラグイン2種を供給開始


掲載日:2010/03/08


News

 3PAR株式会社は、VMware vSphereとVMware vCenter Server向けに、仮想マシンのスナップショット取得、迅速なオンラインリカバリ、ストレージへのマッピングを行なえる、「3PAR InForm」ソフトウェアのプラグイン2種の供給を、開始した。

 今回発表されたのは、「3PAR Recovery Manager for VMware vSphere」と、「3PAR Management Plug-In for VMware vCenter Server」の2種で、仮想データセンタやクラウドコンピューティング環境での仮想マシンとストレージ・リソースの保護、リカバリ、管理を、簡便/効率的に行なえる。

 「3PAR Recovery Manager for VMware vSphere」は、仮想マシンのコピーから複数の仮想マシンを作成でき、直ちにプロビジョニングできる。また仮想マシンのバックアップと迅速なリカバリをディスク単位で実行できるため、ストレージ・リソースを効率的に利用できる。更に仮想マシンが認識するポイントインタイムのスナップショットを、エージェントを使わずに作成できるため、リカバリ作業をきめ細かく柔軟に行なえる。VMDK(仮想マシンディスク)、VMFS(仮想マシンファイルシステム)、個別の仮想マシン、VMware vSphere環境下の個別ファイルまでを対象に、保護とリカバリを自動的に実行し、管理者を支援する。

 「3PAR Recovery Manager for VMware vSphere」と「3PAR Management Plug-In for VMware vCenter Server」を連携させることで、VMware vCenterの管理コンソールから、シームレス/迅速にオンラインリカバリできる。スナップショット作成機能とオンラインリカバリ機能をコンソールに直接組み込むことで、ストレージ要件を簡素化できる。

 3PARとVMwareの仮想化ソリューションが連携したことで、更に可視化が進み、VMware vCenter Serverの管理コンソールから直接、InServボリュームの細部まで、リソースの使用状況を把握できる。また、仮想マシンのスナップショットも容易/迅速に作成でき、VMware vCenter Serverの管理コンソールから、直ちにオンラインリカバリを起動できる。ファイル単位で復元できるため、コストやトレーニング期間、リカバリ時間を低減して、仮想サーバ環境の管理能力を向上できる。リカバリ作業の間、仮想マシンやストレージのオフライン化も不要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 徹底調査:今後3年で中小企業のデータ管理体制はどう変わる? 【ベリタステクノロジーズ】 緊急時に頼るバックアップだからこそ速さと安定 Rapid Recovery 【クエスト・ソフトウェア】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択 クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 【ITキーマン 906人に聞いた!】今やるべき”データ保護”とは 2016年4月の熊本地震発生の前に、バックアップ環境の強化に取り組んでいたある組織が、震災発生後に安心して事業継続に取り組むことができた理由とは。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028926


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ