日本クアンタム、LTO-5テクノロジ搭載のテープ製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クアンタム、LTO-5テクノロジ搭載のテープ製品を発売


掲載日:2010/03/05


News

 日本クアンタムストレージ株式会社(日本クアンタム)は、クアンタム・コーポレーション(クアンタム社)のLinear Tape-Open(LTO)プログラムの第5世代仕様に基づいたテープ製品を、発売する。

 今回発売されるのは、LTO-5テープ・ドライブ、LTO-5テクノロジ搭載のオートローダー、メディアの一般向け販売で、LTO-5テクノロジ搭載のScalarテープ・ライブラリの限定販売も行なわれる。LTO-5テープ・ドライブは、LTO-4テクノロジに比べ約2倍の容量を備え、転送速度が最大15%向上しているほか、メディア・パーティショニング機能にも対応している。暗号化機能も標準搭載しており、データの長期保存、アーカイブ、ディザスタ・リカバリを効果的に行なうための、階層ストレージの構築を支援する。

 LTO-5テクノロジを搭載したことで、階層型ストレージ・アプリケーションでのコストと消費電力の低減というテープの経済的な利点が向上している。LTO Ultrium 5テープは、前の世代に比べ、同じ設置面積で約2倍の容量を備えているため、データ・ストレージの1GBあたりのコストを低減できる。また、LTO-5を導入することで、消費電力や冷却コストを削減できるため、優れたエネルギー効率により節約を図れる。

 新機能として、高度なファイル・コントロールとデータのインデックスを提供する、LTO-5メディアのパーティショニング機能が導入されている。同機能を使用することで、ニアライン・アプリケーションでは、テープ上でデータをインデックスでき、データへのアクセスの高速化や、テープ上でのアーカイブを行なえる。また、LTO-5テクノロジは、ユーザの投資を保護し、データ移行計画を簡略化するために、LTO-4カートリッジとの読み取り/書き込みの下位互換性を備えているほか、LTO-3カートリッジとは読み取りの下位互換性を備えている。

 クアンタムのLTO Ultrium 5メディア・カートリッジは、最大3TBの容量と最大毎秒280MBの転送速度(ともに2:1の圧縮率想定時)をサポートしているため、管理するテープの数を低減でき、データを転送する時間も短縮化できる。セキュリティと法規制の要件に対応するために、クアンタムのLTO Ultrium 5テープには、ドライブベースのAES(Advanced Encryption Standard)256ビット暗号化機能とWORM(Write Once Read Many)テクノロジが標準搭載されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028910


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ