日立システム、オンプレミス/クラウド統合ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システム、オンプレミス/クラウド統合ソリューションを提供


掲載日:2010/03/04


News

 株式会社日立システムアンドサービスは、情報システム部門に存在する既存システム(オンプレミス)とプライベートクラウド、パブリッククラウドを適切に組み合わせ、システム間をシームレスに統合する「ハイブリッドインテグレーション」のメニューを体系化し、4つのソリューションとして、提供を開始した。

 今回の体系化では、クラウドコンピューティングのソリューションとして、「導入コンサルティング」、「クラウド・オンプレミス構築ソリューション」、「クラウド・オンプレミス統合連携ソリューション」、「運用アウトソーシング」の4つが提供される。「導入コンサルティング」は、クラウドの最適導入を診断、計画するソリューションで、アプリケーションの特性に応じたインフラ環境の選定とクラウド活用の計画策定を支援する。

 「クラウド・オンプレミス構築ソリューション」では、仮想化システムを導入したプライベートクラウドの構築や、パブリッククラウドを企業システムとして活用する場合のノウハウなどを取り込んでおり、クラウドの特性を活かしたシステムの設計/構築を可能とする。

 「クラウド・オンプレミス統合連携ソリューション」では、クラウド/オンプレミス間のシステム連携や、クラウド環境に対応したセキュリティの提供、業務負荷に応じた動的なIT資源の割り当てなどのメニューが用意されており、システム連携や認証統合、スケーラビリティの向上を可能とする。「運用アウトソーシング」では、構築したシステムの運用フェーズを同社がワンストップでサポートする。

 また、SaaS(Software as a Service)への対応については、既存の企業知活用サービスや、クライアントPCのセキュリティ対策/情報漏洩防止対策を可能とする「EdgeScreen」などに加え、情報・知識共有基盤「InWeave」、文書管理「ラビニティ」、就業管理「リシテア」など、ニーズの高いものから順次SaaS化し、サービスを提供していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? 【日本ヒューレット・パッカード】 FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 製造業で進むサービスビジネスへの転換――IoT活用のための課題とは? 【日立ソリューションズ】 製造業で進むサービスビジネスへの転換――収益を上げるための3つの課題とは? 【日立ソリューションズ】 “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む 【日本ヒューレット・パッカード】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
業界ごとに見る「創造的破壊」の現実――ビジネスの変化はどう進むのか? FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは? 製造業で進むサービスビジネスへの転換――IoT活用のための課題とは? 製造業で進むサービスビジネスへの転換――収益を上げるための3つの課題とは? “ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028893


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ