日本テラデータ、同社のDB向けデータ暗号化ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本テラデータ、同社のDB向けデータ暗号化ソフトを発売


掲載日:2010/03/04


News

 日本テラデータ株式会社は、米国Protegrity社の暗号化セキュリティソフト「Protegrity DPS」を、「Teradataデータベース」向けに発売した。

 「Protegrity DPS」では、カラム単位でのデータ暗号化が可能で、管理ツールで設定されたセキュリティ・ポリシーに従って、ユーザのデータ操作や閲覧権限を管理できる。暗号鍵の管理技術に優れているほか、PCI DSS、HIPPAなどの国際的なセキュリティ基準に対応している。DB管理者権限とセキュリティ管理者権限を明確に分け、不正なDBへのアクセスやデータの持ち出しによる不正利用を防止し、企業内の重要データの安全性を向上できる。

 統合されたコンプライアンスの監査やモニタリングとレポーティングを備えている。また、Teradataの超並列処理による優れたスケーラビリティをサポートし、性能に優れスケーラブルなので、Teradataへのパフォーマンス上の影響を低減できる。

 これらにより、企業内の人事データや機密データなども必要なデータカラムのみ適切なユーザに参照を開放できるため、企業のデータウェアハウス(DWH)の利用範囲を拡大できる。

 日本テラデータでは、「Teradataデータベース」と「Protegrity DPS」を組み合わせることで、より信頼性に優れたDWH環境の構築、企業のエンタープライズDWHの実現を支援する。

 なお価格は、Teradata SMPサーバの単一ノード向け最小構成ライセンスで972万円からとなっている。


出荷日・発売日 2010年3月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028887


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ