ed-contrive、セキュリティUSBメモリにウイルス検知ソフトを搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ed-contrive、セキュリティUSBメモリにウイルス検知ソフトを搭載


掲載日:2010/03/03


News

 イーディーコントライブ株式会社(ed-contrive)は、コピーガード機能付きセキュリティUSBメモリ「Sdshelter 2.0」にウイルス検知ソフトを搭載した「Sdshelter 2.0 V」を、4月1日より発売する。

 「Sdshelter 2.0 V」は、トレンドマイクロ社のウイルス検知ソフト「Trend Micro USB Security for Biz」を搭載し、ウイルス感染防止機能が強化されている。USBメモリにコピーされる不正プログラムを検出すると、警告を表示するとともに感染ファイルが隔離される。パターンファイルは自動的に更新されるため、新種・亜種のウイルスに対してもユーザを保護できる。

 コピーガード機能を備えており、使用する場所によって利用制限を設定できる。例えば、オフィス内では強制暗号化・パスワード認証のセキュリティUSBメモリとして使用できる。また、オフィス外ではUSBメモリ内でのみ閲覧/編集できるようにすることで、PCへのデータ保存を制限できるため、例えばWinnyがインストールされているPCで使用した場合でも情報漏洩を回避できる。


出荷日・発売日 2010年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028878


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ