DNP、SSFC仕様の社員証を使用できる自販機用の決済システム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、SSFC仕様の社員証を使用できる自販機用の決済システム発売


掲載日:2010/03/01


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、社員証として利用されているSSFC(Shared Security Formats Cooperation)仕様のICカードを利用した、給与天引きも可能な飲料用自動販売機向けの決済システムを、4月1日より発売する。

 今回発売されるシステムは、EdyやiDなどの電子マネーに加えSSFC仕様の社員証にも対応した、自動販売機に取り付ける“マルチ決済リーダーライター”と、決済情報を管理する“決済中継システム”で構成されている。“決済中継システム”をDNPが開発し、“マルチ決済リーダーライター”は飲料・食品用自動販売機などを製造・販売する富士電機リテイルシステムズ株式会社が開発した。

 “決済中継システム”は、個々の自動販売機の決済データを、給与天引きを行なう設置先企業や各電子マネーの決済センタへ中継する機能、品切れや故障の情報などを通知する機能を備え、ASP方式で提供される。常時携帯する社員証による決済が可能になることで、ポケットレスの職服着用が義務付けられているエリアや、金銭や携帯電話などを持ち込めないエリアのほか、キャッシュレスで利用できる社員食堂や休憩所などの自動販売機でも、従業員は現金を持ち歩かずに購入可能となる。また、給与天引きでの決済も可能となるため、チャージが不要となる。

 来訪者の際には、ID証と同仕様の来訪者用カードを準備しておくことで、時間をかけずにスムーズに飲料を提供できるとともに、その後の経費処理の効率化なども図ることができる。また飲料メーカー/自販機運用企業においては、決済情報のほか、個々の自動販売機の売上情報や品切れ、故障などの情報も管理できる。様々な決済方法に対応することで、利用者への利便性を向上させるなど付加価値の向上を図ることができる。


出荷日・発売日 2010年4月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? 【CA Technologies】 サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 【CA Technologies】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 物理、仮想、クラウドで管理者IDが急増――対策すべき5つのリスクとは? サイバー攻撃からビジネスを守るために知っておきたい「キルチェーン」とは 外部/内部攻撃を共通点で阻止――攻撃サイクルの最重要「遮断ポイント」は? 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028839


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ