ISS、中国NSFOCUS社の脆弱性診断/SOC/DoS対策/IPS/WAFを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ISS、中国NSFOCUS社の脆弱性診断/SOC/DoS対策/IPS/WAFを提供


掲載日:2010/03/01


News

 インテカーセキュアソリューションズ(ISS)は、中国NSFOCUS Information Technology Co.,Ltd.(緑盟信息技術有限公司)と日本総代理店契約を締結し、セキュリティ・サービスやアプライアンス製品を、提供する。

 NSFOCUSは、企業のネットワークに存在する脅威や脆弱性への対策を統合する製品/サービスを提供する。情報システム脆弱性診断サービスでは、Webアプリケーション診断とプラットフォーム診断に対応し、定期的に脆弱性を容易に確認して早期に課題点を洗い出すことができる。また、企業のITセキュリティインフラのアウトソーシングを支援するSOC(セキュリティ・オペレーション・センタ)サービスでは、ユーザ企業のニーズに適したセキュリティ診断を行ない、適切な対策方法/ソリューションの提案や、実装サポート、定期的な診断などを提供する。

 セキュリティ・アプライアンス製品では、DoS攻撃対策が可能な「NSFOCUS ADS」と、IPS(ネットワーク不正侵入防止)ファイアウォール「NSFOCUS NIPS」、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)「NSFOCUS WAF」が提供される。「NSFOCUS ADS」は、自動化されたDoS攻撃やP to Pなど悪意のあるトラフィックを検知・遮断でき、IDC/サービスプロバイダ/電気通信事業者などの大規模DoS攻撃対策に利用できる。「NSFOCUS NIPS」は、ネットワークの脆弱性を狙った攻撃や不正侵入を防御できる。「NSFOCUS WAF」は、Webサーバのセキュリティに特化したアプライアンス。クロスサイトスクロプティングやSQLインジェクション、アプリケーション層のDDoS攻撃などの脅威から、Webアプリケーションのパフォーマンスを損なわずに保護できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」 【サイバーセキュリティクラウド】 TrustShelter/WAF 【NTTテクノクロス】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 WAF/DDoS対策/CDNサービス TrustShelter/WAF 【NTTテクノクロス】 国産WAF SiteGuard / SiteGuard Lite 【ジェイピー・セキュア】
WAF WAF WAF WAF WAF
情報漏えいを狙った脆弱性への攻撃や、DDoS攻撃によるサービス停止を防止するクラウド型WAF。導入サイト数は3000を超え、クラウド国内トップクラスの導入実績。 自社に最適なWAFをどう見つける? 導入を成功させる3つのポイント 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 簡単かつ低コストにWebサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策/CDNサービス。クラウド型WAFならすぐに導入でき、運用はお任せ。オンプレミス型WAFの提供も可能。 高速・高品質なトラステッド・シグネチャを搭載。運用しやすい設定項目やインターフェースを備えた純国産ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028831


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ