TSOL、情報活用ソリューションをSaaSで提供する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSOL、情報活用ソリューションをSaaSで提供する製品を発売


掲載日:2010/03/01


News

 東芝ソリューション株式会社(TSOL)は、クラウドサービスの第2弾として、日々の業務情報を効率的に蓄積・活用できる、情報活用ソリューションをSaaSで提供する「Eiplaza」を、3月より発売する。

 「Eiplaza」では、同社の日本語処理・自然言語処理技術、文字・画像認識技術、XML技術などのコア技術を基にして、企業の情報活用で求められるファイルサーバ、文書保管・検索、コミュニティ機能や、より高度な翻訳やテキスト分類、テキスト分析機能など、様々な要求に包括的に対応できる情報活用機能が用意されている。業務の流れの中で必要なものを選択し、組み合わせて利用することで、コンプライアンスに対応した文書の生成・管理・活用などを容易に行なえる。

 今回、ファイル共有「Eiplaza/FS」、文書管理「Eiplaza/DM」、コミュニティ「Eiplaza/CM」、翻訳「Eiplaza/MT」の4つの機能がSaaSとして提供される。「Eiplaza/FS」は、Windowsのエクスプローラから利用できるネットワーク経由のファイルサーバ。「Eiplaza/DM」は、企業内の大量のドキュメントや成果物をアクセス制御機能やアクセスログ機能により安全に一元管理し、活用を促進する、ネットワーク経由の文書管理。

 「Eiplaza/CM」は、ネットワーク経由のコミュニティで、情報交換の場として“コミュニティ”を作成し、メールやWebからのやりとりを、業務の履歴やノウハウとして蓄積・共有でき、業務で交わされるメールを共有情報として整理し、利用を促進できる。「Eiplaza/MT」は、文書やWebページの翻訳を行なう、ネットワーク経由の翻訳。様々な専門用語辞書も使用でき、優れた精度の日英/英日・日中/中日の翻訳を提供する。

 今後は、規程管理や内部統制などの業務システムがSaaS化され、順次「Eiplaza」のラインアップが強化される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028828


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ