NTTソフトウェア、ISPなど向けにメール誤送信防止機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、ISPなど向けにメール誤送信防止機能を提供


掲載日:2010/02/26


News

 NTTソフトウェア株式会社は、企業向けのメール誤送信防止ソリューション「CipherCraft/Mailサーバタイプ」にマルチテナント対応機能を付加し、SaaS型のメールサービスを提供するISPなどのアウトソーシング事業者へ、発売した。

 今回の新機能では、「CipherCraft/Mail」サーバ上でマルチテナント管理を可能としている。「CipherCraft/Mail」は管理面で、利用企業ごとに誤送信防止のポリシー設定を分けて運用できる。同一企業内にプライベートクラウドとして導入する場合でも、組織単位でメール誤送信防止のルールを複数持って運用できる。

 これによりISPは、メールの誤送信防止機能を廉価に導入できる。ISPのメールサービスに導入することで、送信者への自己確認画面を備えたメール誤送信防止サービスと、ZIPパスワード化サービスを提供可能となる。


出荷日・発売日 2010年2月24日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 【トレンドマイクロ】 CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 「Office 365」のメールセキュリティ、対策コストで息切れしないためには? 【日本プルーフポイント】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由 送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
「Office 365」のメールセキュリティ、対策コストで息切れしないためには? メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028818


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ