リンクなど、Gumblarによる改ざん被害調査などをセットで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンクなど、Gumblarによる改ざん被害調査などをセットで提供


掲載日:2010/02/26


News

 株式会社リンクと株式会社エーティーワークス(A.T.WORKS)、インフォリスクマネージ株式会社は、共同でGumblarによるWebサイトの改ざん被害調査と、その後の継続的な改ざんチェックをセットにした新サービス「Gumblar Watch」の提供を、開始した。

 「Gumblar Watch」では、Webサイト全体の改ざんを一度に調査できる「Gumblar改竄被害調査」と、改ざんの有無を継続的にメールで確認できる「改竄チェッカー」を同時に提供することで、“今”と“これから”の改ざんリスクに対応する。「Gumblar改竄被害調査では、セキュリティ診断技術者が、FTPサーバのアクセスログとHTMLファイルのスクリプトタグを調査し、Gumblar被害の有無を診断する。300ページ以内のサイトの場合、約4営業日で診断できる。被害の可能性が認められた場合は、具体的な対策を含む診断結果を提出するほか、オプションでHTMLファイルの差分検出や、不正侵入を防止するためのコンサルティングも行なう。

 「改竄チェッカー」では、「Gumblar改竄被害調査」を行なうと同時に、調査対象サーバに改ざん監視プログラムを設置し、ドキュメントルート(=公開ディレクトリ)配下の全ファイルの内容を継続的にチェックして、追加・更新・削除されたファイルをすべて検出しメールで通知する。サイト管理者の身に覚えのないものを改ざんとして識別できるため、なりすましによる改ざんにも対処できる。サイト管理者に求められるのはメールを確認ことのみで、運用面も簡素化されており、サイト管理者の負担を低減しながら、精度に優れた改ざんチェックを継続できる。

 なお価格は、「Gumblar改竄被害調査」がHTML300ページ以内で52万5000円(税込)で、300ページを超える場合は別途見積、オプションのHTMLデータソース比較による改ざん被害調査・報告会の実施・不正侵入に対するコンサルティングの実施が費用別途、「改竄チェッカー(無償版)」が無償となっている。また、「改竄チェッカー」については、ブラウザ上で更新情報を管理でき、より効率的に運用できる有償版が4月に月額7350円(税込)でリリースされる予定(無償版は3月末日まで利用可能)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028806


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ