EMCジャパン、ハイエンドストレージの機能拡張オプションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、ハイエンドストレージの機能拡張オプションを提供


掲載日:2010/02/24


News

 EMCジャパン株式会社は、ハイエンドストレージ「EMC Symmetrix V-Max」の機能を拡張し、高帯域接続や、ストレージを節約する仮想プロビジョニング、新しいスケールアウト構成のためのオプションを、提供する。

 今回提供される高帯域接続オプションにより「Symmetrix V-Max」は、メインフレームとオープンシステム環境の両方で、8Gbpsのホスト接続が可能となる。これにより、大容量の帯域幅を必要とする環境向けにより高い拡張性とパフォーマンスを提供するほか、ソフトウェア圧縮機能を組み合わせることでリモートレプリケーション時間の短縮が可能となる。また、メインフレームのzHPFプロトコルをサポートすることでFICONアーキテクチャが合理化され、I/O負荷の削減、メインフレームのパフォーマンス向上が実現される。

 仮想プロビジョニング機能では、ストレージプール内のゼロ(未使用)領域を再利用する機能と、物理領域から仮想領域へのレプリケーション機能、ニーズに応じて自在にプールを拡大/縮小しながらパフォーマンスを動的に最適化する自動分配機能が提供される。これにより、仮想プロビジョニングに割り当てられた容量が最大40%再利用可能になるとともに、ニーズの変化にも柔軟に対応しながら、パフォーマンスを向上させ、将来の要件に備えて容量を解放可能となり、TCO(総所有コスト)の削減を実現できる。なお、仮想プロビジョニング機能は無償で提供される。

 新しいスケールアウト構成オプションは、エンジン2個または4個の構成において、従来の2〜2.5倍のドライブ数を搭載可能とする。これにより、エンジン2個の構成の場合で最大1200台のドライブ、930TBの最大有効容量を、またエンジン4台の構成の場合で最大2400台のドライブ、1.8PBの最大有効容量を実現する。エンジン数が少ない新しい構成により、データウェアハウスリポジトリなど、大量のデータを扱うアプリケーション環境において、従来の構成に比べて最大で20%のストレージコスト削減が可能となる。また、ドライブ交換の前にフラッシュドライブのデータを自動的かつ確実に消去する機能も無償で提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028782


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ