日本通信、PC向けデータ通信の500時間分の更新ライセンスを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、PC向けデータ通信の500時間分の更新ライセンスを出荷


掲載日:2010/02/23


News

 日本通信株式会社(日本通信)は、PC向けデータ通信サービス「bモバイル3G」で、500時間分の更新ライセンス「bモバイル3G・更新ライセンス500H」を、出荷した。価格は、オープン価格となっている。

 「bモバイル3G」では、初めて利用するユーザ向けに、3Gデータ通信端末「USB3Gコネクタ」と3Gデータ通信料、プロバイダ接続料、接続ソフト「bアクセス」が1つのパッケージになった商品が提供されている。

 各個人専用に割り当てることも、出張/外出する人が交代で利用することもでき、利用方法を自由に設定できる。また、必要な料金は最初の購入費のみとなっており、別途の事務手数料や基本料金、プロバイダ接続料金、使用後の追加通信費は不要となっている。

 「USB3Gコネクタ」には、あらかじめ150時間または500時間分の3Gデータ通信が付属されており、購入後直ちに高速インターネットを利用できる。購入する際の複雑な契約手続きは不要で、PCの周辺機器の感覚で購入でき、経費精算を支援する。

 今回出荷される「bモバイル3G・更新ライセンス500H」は、「bモバイル3G」ユーザ向けの500時間分(最大利用期間600日)の更新ライセンス。既に提供されている50時間/130時間分の更新ライセンスに加え、追加された。「USB3Gコネクタ」をそのまま利用して、利用時間/期間を更新できる。

 更新の対象となる商品は「bモバイル3G・アワーズ500」/「bモバイル3G・アワーズ150」で、両製品の利用時間や利用期間終了後も、60日以内であれば更新できる。


出荷日・発売日 2010年2月22日 出荷
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028758


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ