アイシロン、スケールアウトNASのSSD搭載モデル3製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイシロン、スケールアウトNASのSSD搭載モデル3製品を出荷


掲載日:2010/02/15


News

 アイシロン・システムズ株式会社は、スケールアウトNASの新製品として、SSD(ソリッドステートドライブ)搭載モデル「Isilon IQ 5000S-SSD」/「IQ 10000x-SSD」/「IQ 32000x-SSD」の3製品を、3月下旬より出荷する。

 「Isilon IQ 5000S-SSD」/「IQ 10000x-SSD」/「IQ 32000x-SSD」は、STECのSSDとOneFS OSを組み合わせ、優れた拡張性/パフォーマンス/柔軟性を提供するスケールアウトNAS。SSDをメタデータ用に使用し、それ以外のデータにはSASまたはSATAドライブを利用することで、ネームスペース処理にかかる時間を短縮可能としている。アイシロンのSSD非対応製品と比べ、遅延を8分の1に低減し、IOPS性能を2倍に向上させる。

 SASまたはSATAドライブとSSDを組み合わせることで、大幅なコスト増をともなわずにネームスペース処理のパフォーマンス向上を図ることができる。また、従来からの「Isilon IQ」システムと同様にOneFSを採用することで、資産コストの低減と、データの増加に応じたストレージの拡張を可能とする。


出荷日・発売日 2010年3月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今 【伊藤忠テクノソリューションズ】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
ストレージ6社のパネル討論でホンネが見えた、オールフラッシュの今 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20028675


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ